歯科で行う顎関節症の治療について知ろう

顎関節症は歯医者さんで治療しよう

こんな症状があったら

顎は複雑な仕組と機能をもっている部位です。
骨や筋肉、関節や神経と、様々なもので上顎から脳天にかけての部位と下顎をささえているのです。
顎を動かすと嫌な音がしたり、痛むので口を開くことができない、などの不快を感じる方が増えているようです。
これは「顎関節症」という病気である可能性があります。
歯ぎしりやストレスが原因と言われていますが、それ以外にも原因はあり、人により様々な要因が組み合わさって発症するといわれています。
痛みを感じ無い方も多いですが、痛みを感じる方の場合、顎だけでなく、肩こりや腕や指のしびれ、偏頭痛など、他の部位への不快感を感じることもあるようです。
重症な場合、放置してしまうと、顎の機能が壊れてしまうこともあるため、違和感を感じたら早めの診察が必要です。
痛みを感じる症状が出ている方でも、その7割は1年以内に症状の改善がみられるということが分かっています。
「顎関節症」の原因で一般的に言われているのが歯ぎしりや食いしばり、頬杖やうつぶせ寝、猫背などの悪い姿勢などのほかに、入れ歯や歯に被せた義歯などが合っておらず、かみ合わせが悪い、など、歯の治療によって改善する要因の場合もあります。
ものを食べるたびに不快な思いをする「顎関節症」。
症状が長く続くようであれば、痛みが無かったとしても、一度、医療機関に相談すると安心です。
身近な医療機関である歯医者さんでも、診療、治療はできるんです。
歯医者さんではどのような治療をしてくれるのでしょうか。

顎関節症とはどんな病気なのか

顎関節症には、痛みの生じる場合もありますが、特に痛みを感じない場合もあります。 痛みを感じない場合でも、口を開けるたびに異音がしたり、顎に違和感を感じたりするので、気持ちの良いものではありません。 どんな症状がある時に、顎関節症の疑いが生じるのでしょうか。

なぜ顎関節症が起こるのか

顎の関節に違和感や痛みが出たり、口を開けるたびに顎の関節がコキンとなったり、不快感を感じる顎関節症。 どういったことが原因で起こるのでしょうか。 原因の中で最も多いのはやはり歯にかかわる要因。 上下の歯のかみ合わせに問題があって起こることが多いようです。

医療機関の診療を受ける

顎関節症の原因には、虫歯治療の際に被せた冠の不具合や差し歯やインプラントの噛み合わせ不良などもあります。 この様な場合、歯科治療を行うことで解消されることも多いです。 顎関節症が思い当たる症状に悩まされた時は、一度、かかりつけの歯医者さんに相談してみましょう。